GoogleがAndroidで自動車業界に参入してきました

2014年に驚きのニュースが世界を駆けめぐりました。 Googleが携帯端末向けOS (アンドロイド)を車載器に搭載するためのコンソーシアムを立ち上げました。名称は「oaa」。参加を表明したigoogleの他に自動車メーカーではGM τ Lee 、本棚、 9台、そして半導体メーカーの米エヌディアです。

oaaの活動は具体的に2段階ありえん第一段階はAndroid端末と車載器の連携を求めることです。そして第二段階では、車載器とそのものをAndroidで動かすというものです。 Googleと自動車との関係では「 Googleカー」と呼ばれず自動社文庫、実験者が有名ですが、自動車産業界にとっては車載器の標準化に関わるような「oaa」の登場は、自動運転よりもはるかに大きな衝撃であります。

oaaの発表は各社プレスリリースとして流しただけで、合同記者会見では行われなかった。またコーヒーちょうど国際家電見本市cesの報道陣向け公開日の初日でした。それを承知の上でこの日が選ばれたと言えるのです。世界各国のメディアはcesて会見を予定していたGM 、アウディ、そしてエヌビディアからOAAに関する詳細な説明があるものと期待していた。

ところが、 GMとnvidiaの会見ではOAAについて全く触れられることはなかった。唯一アウディが、 Googleとは2004年からカーナビを通じて連携してきた。世界のケータイ電話市場のシェアでAndroidは8割を占める。そうした現状を考えればOAAに参加するのは自然な流れです。またOAAはアップルとの信頼関係を損なうものではありません。車載器に向けとしてすでに、 iPhone 、 iPadなどとの連携を行っていますと説明するにとどめたのです。

またアウディの会見では最前列にnvidiaの創設者でCEOのジョン・スンファン氏がいた。自動車メーカー各社はそれぞれ独自の考えがある。それに対して広く対応をしていくという考えである。
AGLの詳細については後述しますが、自動車産業界では近年インフォテイメント分野で様々なコンソーシアムが存在します。それが水面下で複雑に絡み合っていてその中で自動車メーカーが最も気にかけてきたのがアップルの「 iOS in the car」です。今後もGoogleによるOAAは明らかにその対抗策であります。 2014年1月のCESの後シリコンバレーでは「 Googleは2年前まで、車載器事業への直接的な介入は考えていなかったところが2013年6月の発表が影響していきなり方向転換したのです。

愛車買取センター