Googleの自動運転開発の真意は?

Googleの自動運転実験者「Googleカー」の動向に世界が注目しているのです。同社のロン・メッドフォード氏(self drivingから部門のセーフティー担当デレクター)は2013年10月のITS世界会議東京大会に出席するために来日し、 NHKのインタビューで「Googleカーを4年以内に実用化する」と語りました。この「実用化」とは一体何を意味するのでしょうか?

アメリカでは、「自動運転専用の地図情報を自動車メーカーに直接販売する」「ステラと自動運転技術を協業する」、はたまた「Google自身がevメーカーを買収する」などの噂が飛び交っています。ですがGoogleは自動運転の量産化までのロードマップを公開しておらず、将来のビジネスモデルについては「法規制のあり方を含めて、さまざまなビジネスの可能性について検証中だ」(メットフォード氏)と明言を避けています。同署は2013年1月に現職に就いたばかりです。前職はアメリカの道路交通行政の要である運輸省高速道路交通安全局の副局長だったのです。
そもそも、どうしてグーグルが自動車関連の開発に直接的に関与しているのか?
その背景には、アメリカ国防総省傘下の先端技術の調査研究機関であるDARP(防衛高等研究計画局)主催の無人自立走行車のレースがある。いいね第一回は2004年の「DARPAグランドチャレンジ」。カルフォルニア州北部の砂漠地帯であのレースだったが、感想さはゼロだった。翌年の第2回ではスタンフォード大学とカーネギーメロン大学のチームなど古代が完走。そして2007年は市街地を想定した「DARP Aurban challenge」を開催。ロサンゼルス郊外の旧空軍基地内に住居や信号を仮設してレースを行い点6チームが感想を果たしました。このレースに参加した自動運転研究者をGoogleはまとめて雇ったのたった。

そして2009年からはトヨタの第二世代「プリウス」をベースとした車両で実験を開始。 2012年からは自動運転走行が豊麗として許可されたネバダ州で公道実験を開始し、 2013年からはカルフォルニア州で公道実験を繰り返している。実験車両は少なくとも20台ほどあり、ベース車両は「プリウス」のほか、レクサスのSUV「RX」がある。これまでの走行距離は40万マイル(約64万km)を超えている。現在アメリカでは上記き2州のほか、フロリダ州、ニューヨーク州、ニュージャージー州、マサチューセッツ州、ワシントン州、ミネソタ州、ミシガン州、ウィスコンシン州、サウスカロライナ州で自動運転の実施に向けた法整備が協議されている。

「Googleカー」の概観で目を引くのが、車体ルフ場で1分間に30から900回転する奇妙な装置。これは米ベロンダイン社の「ライダー」と言う装置です。音波技術を応用して児童の周囲360度を3Dマップ化する装置です。測定可能距離は、建物、自動車などの物体については自社から120メートル、道路状況については同50メートル。このほか、車体の前後にミリ波レーダー、社内に単眼カメラを装備し社外の情報を収集しています。

googleの公開資料によると、自動運転の基本は、 4種類のデータを重ね合わせることです。まずgps (全地球測位システム)で“おおよその” 位置を測定します。次に、 GoogleMapとグーグルアースをもとに画像処理ソフトのpicasaを融合させ、地図βのベースを作る。その上に交通標識、信号機、路面の表示などのインフラ情報を打ち込んだデータを載せる。さらに「googleカー」で収集した3Dマップを重ねる。

ここで注目すべき点は、 gpsに対して高度な方式を採用していないことです。一般的なgpsの一は制度は通常は数メートル。また中山岳部では樹木が衛星からの電波を遮るため十数メートルになるが、これをGoogleは“あまり気にしていない” 。その上に光のデーターを重ねることで位置情報の精度が上がると説明しています。

また自動運転実証試験の現状について、 2010年1月にネバダ州の自動車管理局(dmv)を取材したところ、驚きの事実が解りました。 Googleカーはもうネバダ州を走っていないのです。日本の報道ではGoogleカーは2012年にネバダ州が発行する自動車専用ナンバープレートをつけて公道走行を開始し、同州内での走行は当然続いているものとされてきたのです。ところが、 dmvによると自動運転実証試験の許可証は1年更新なのだが、googleは更新していないという。 dmvの担当者も「なぜGoogleだけが止めたのか、全く理由がわからない」と話しています。 Googleのほか、 2012年に同許可申請を行ったアウディを含むフォルクスワーゲン、さらにドイツの大手自動車部品メーカーのコンチネンタルはてん2年目の更新をしっかりと申請しています。

そもそもネバダ州での自動車運転実証試験は、 Googleが言い出したものなのです。これをネバダ州知事が強力にバックアップして、早期の実現に持ち込んだのでした。にもかかわらず、オフィシャルに何も理由を公表せず、Googleカーはネバダを去ったのでした。そして、 Google本社があり、ビジネスチャンスが多いカルフォルニア州が、Googleカーの主要な走行エリアと鳴りました。

こうした経緯は、自動車産業界から見れば「事業方針が甘い」とか「単なる思いつき」と映るかもしれません。しかし90年代中盤に商業誌、急激に巨大化したIT産業の雄にとって今回のネバダの事例は「よくあること」の1つに過ぎないのでしょう。
またあくまでもシリコンバレーで流れている噂なのだが「Googleカー開発の落としどころはウーバーあたりではないか」と言われています。uberはすまほのアプリによるバイヤーの配車サービスを行うベンチャー企業でてんGoogleグループの中でベンチャーキャピタル事業を担当する「googleベンチャー」が2013年8月に2億5,800万ドル(約258億円)の投資を行っています。そのため「最終的にはGoogleがuberを完全に買収し、世界各国で自動運転タクシー事業を仕掛ける」と言う内容です。

この噂の現実性を裏付けるような映像が、 2014年のCESのアウディによる基調講演の冒頭で流れました。それはコミカルなタッチで、高級ハイヤーの自動配車を描いたストーリーでした。

前途のようにアウディはGoogleが仕掛けたOAAに参加しています。 RTは2010年代に入り、次世代テレマティクスに対して極めて積極的です。これにUBERが絡むというのは、とても現実的な落としどころに思えます。

 

 

 

 

 

 

中古車買取査定相模原